« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013.08.30

山梨の技術系は崩壊?

今朝の新聞見てびっくり。今度はTDK系列「メディアテック」が工場閉鎖だってさ。

また技術系の人間が市場に流れてくるってことに。120人っていうから、これまた結構な数だ。

それでなくても、昨日も書いたとおり、エライことになってるのにね。

これは、選り好みとかしてられる状況でもなくなってきたか。昨日、外資系の企業の紹介があって「外資系は、勤務地に問題が出るよな~」、と思いつつ、保留してるんだけど、のんびりしてる場合でもないのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.29

2度目の認定日

今朝の山梨日日新聞に、ハローワークがいっぱいで、就職難だよ、みたいなことが書いてあって、見たとたんげんなりさせられたんだけど、ルネサスの件もあるし、山梨県内での再就職はほんとに難しそう。

前回も書いたかもしれないけど、相談しても、僕の希望職種は「県内じゃ見たことないですよ」状態で、そうですよねぇ、と引き下がるしか。結局ネットの就職情報とリクルートさんが頼りって感じになってしまうのだった。今日も認定にはそれなりに時間かかったけど、ついでの相談は、待ち時間が30分、実相談時間は3分、っておいおい(^^ゞ。

まぁそれでも「活動1回」になるんだから、有難いと言えばそうなんだけど。でも、目指してるのは活動回数を満たして「失業認定」ではなく、再就職して働く、なわけだから、少なくとも県内の実情とは乖離してる状況であることは間違いないんだ。

N社のキャリア就職説明会に出てくる予定を組んだ。神奈川なので、希望勤務地とはちょいと違うんだけど、そんなこと言ってられない、とも言う。親には「小さいところでも、就職が先でしょ」言われるけど、それにしても「やれること、やりたいこと」はあるわけだから、なかなかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.28

なつやすみのおわり

お父さんが家にずっといる夏休み、なんてのは、そうそう経験できるもんじゃない。そういう意味では、貴重な時間を過ごしているのかもしれないけど。

そんな夏休みも、今日終わって、子どもたちは学校へ。2学期に突入した途端、娘2が何やらやらかしてくれたけど、それすらも平常な日常の始まり。

今後、さて、どうしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.26

2013年F1ベルギーGP TV観戦記

シーズンを通してみて、ここでの勝利はヴェッテルには大きいと思うけどな。対抗もアロンソにほぼ絞られた感が・・・。

予選が雨が大きく影響した。特にQ3は、もう後に走ったもん勝ちって感じになった。Q3は10分しかないんだけど、その間でも、最初一瞬ドライ→一周も走れないうちに雨→すぐに止んでどんどんコンディション改良、という推移では、そうならざるをえない。

結果、ポールは4戦連続でハミルトンという結果には落ち着いたんだけど、その経緯は、最後にタイムを刻んだから、という理由でOKだろう。あと2分でもセッションが長かったらどう転んでいたかは不明だ。2位ヴェッテル、3位はウェバーとレッドブル勢が並び、4位ロズベルグ、5位にディ・レスタ。以下バトン、グロージャン、ライコネン、アロンソ、マッサの順。この時点で、アロンソ、ライコネンは苦しく、ヴェッテルは、まずはハミルトンだけ見ていればいいという、比較的ラクな展開が決勝では待っているというわけだ。

決勝。スタートすると、ウェバーが例によってスタートに失敗。ハミルトンとヴェッテルの一騎打ちなスタート。アロンソがジャンプアップ、あとはそこそこ、な展開。第1コーナーで、グロージャンがライコネンを押し出している。これも例によって、なんだけど、ほんと、並んだ相手がライコネンでなければ、きっと接触があったんじゃないかと思うスタートのグロージャンであった。

ヴェッテルは、オープニングラップでさっさとハミルトンをかわす。そうなると、あとはいつもの勝ちパターン。ヴェッテルがテレビに映ることはほとんどなく(^^ゞ。アロンソが第2スティントでハミルトンをかわす。前にはバトンがいて、ワンストップじゃないかと思われた。無線も「プランAで行くぞ」とか言ってたんで、みんなそうだろうと思ってたら、35周目にピットへ。「プランAって、ツーストップだったんかい!」とみんなに突っ込まれる展開(笑)、だけど、勝手に誤解してたのは僕らだ。

マルドナドの近辺は台数の多いバトルが展開されて、そこそこ面白かったんだけど、マルドナド、スーティルにFウィングを踏まれた後、ディ・レスタには大きく踏まれる。これでディ・レスタ、リアサスペンションを大破してストップの挙句、マルドナドにドライブスルーペナ。マルドナドの責任というには、きついような気はするんだけど、踏んだり蹴ったりってことかと。

マッサとライコネンがバトルしてたんだけど、そのライコネン、序盤からブレーキのカーボンダストが凄いことになっていて、最終的にはマッサをかわそうとしてブレーキが効かない感じ、そのままピットに入ってレース終了ということに。今シーズン、連続ポイントだったし、去年のマレーシア以来のノーポイントだし、リタイヤとなると、さていつだろう?どうやら、ブレーキの冷却ダクトに捨てバイザーが詰まっていて、冷却不良ということらしい。捨てバイザーに関しては、あまり問題になってはいないけど、今後検討されることがあるかも知れない、これは予感だけど。

上位の方はある意味面白く無い(^^ゞ、そのままチェッカー。優勝ヴェッテル、2位アロンソ、3位ハミルトン。以下ロズベルグ、ウェバーはここまで追い上げてた、バトン、マッサ、グロージャン、スーティル、リチャルド。ペレス11位だったけど、解説の右京、ペレスにはホント辛口(^^ゞ、グロージャンのコメント「初優勝も」についても「時期尚早」とメッタ斬り(^^ゞ。右京のコメントが面白いベルギーGPだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.25

電子レンジ

これまで使ってたのは、僕が会社の独身寮を出るときに買ったもの。働いてきた年数は、20年以上、家にある家電製品では、今やテーブルとしてしか働いてないこたつを除けば、一番年数を経過してきたものだけど、先週くらいから、普通に動かしてても中でで火花が飛ぶように。

危なくてしかたがないので、ついに新調することに。ん~と、ま、僕の独身時代から、僕の食生活を支えてきた一品なので、流石に色々感傷が湧くなぁ。僕が退職するのと時をほぼ一緒にして、というのも、何らかの縁を感じてしまう・・・。

今まで頑張ってきたのはシャープ製、新しく購入したのは日立のMRO-LF6。やや下位の機種と言えるだろう。まぁ、電子レンジで色々作ろうとか、あまり考えてない世代だし(^^ゞ。出力は1000wで、これまでのがせいぜい600wだったので、性能も格段に違う。ガタイは新しいほうが大きいんだけど、重さは何気に古いほうが重い。省電力の関係だろう、時計もついてない。時代は変わったのだ。一応オーブンも兼ねるので、できれば、電子レンジとともに、はろが持ってきた電気オーブンも片付けられるといいんだけどね。それは「使い込んで、今まで出来たものが、これでできるようになったら」とのことなので、それって、いつなのさ状態だけど(^^ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.24

三世代ふれあい広場

毎年のイベント、だけど、かかわり合いは年によってやや色合いが変わる・・・。

今年は、こういう事情なので、やや気合が抜けた感じになってしまっている。それでも、やるなら、自分の子供も参加するし、ちゃんとやらないと、とは思っているのだけど。

出れば、体は動く。子どもたちの行動も好きだし、僕も楽しんでやっている、つもり。ただ、やっぱり、初動が鈍くなってしまう。甘え、かも知れない。

ともかく、イベントが始まれば、子どもたちはまっすぐだし、それが僕をいろいろと変えてくれる。だから、数年前にこの役を受けたときから、僕は変わった・・・のかもしれない。

今日は時間があまりないので、取り留めもなく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.23

魔装機神III The Pride Of Justice 買った

今度はVitaとPS3とに対応していて、ソフトは別々だけど、セーブデータは互換がある。

実際PS3を持ってない僕はVita版をやるだけだけど。短時間だけど、プレイして、その印象をつらつらと。

いきなりデメクサとザッシュがアンティラス隊を離脱。ザッシュの代わりにザッシュの姉のレミアが入隊とか。MAPのシステムはあまり変わらないけど、操者の育成方法は再び変わって、また一からシステムを見なきゃならない。IIより使いやすくなってることを祈るばかり。

魔装機には新しい武器が増えているものもある、が、あまり説明はなく、ガッデスとかにいたっては、出撃して武器欄を開いてからあっと驚くような状態だ。こ・・・これでは、シナリオの展開の方も、IIのグダグダが続くんだろうか、という予感。

ウィンキーソフトの坂田さんが戻ってきて、この話が続くようになったんだけど、これは、Iでやめておくべきだったのでは、と後悔する展開になるかも。IIのときには最終的に良い評価を与えてあげられなかったしね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.22

秋のビールやそれっぽいもの(^^ゞ

・・・が、一斉に発売になってるね。「ビール」なのは、例によってキリンの秋味だけだけど。

もちろん、一応全種類揃えたんだけど・・・、問題は、この「秋」の感じとは程遠い気候にあることは間違いないところだろう。

名前なんて関係なく、美味しく飲むんだろう?と言われれば、それはそのとおりではあるんだけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.08.21

人工降雨装置ぃ?

そんなものがあったとはね。しかも実際に稼働してるとか。

今日、都内のものを稼働させて、ちょっとした雨が降ったそうだ。

で、本題。それって、山梨にも存在するのだとか。甲府の近辺にあるんだったら、稼働させてくれよ状態。なにしろ、8月に入って、雨らしい雨に出会ってないよ?荒川ダムも水量が減ってると言うじゃないか。

まぁ、自然は自然に任せるのが一番という考え方もあるし、それが正しいのかもしれない。でもここまで歪んだ気候であれば、人間がなにかやって、雨を勝手に降らせたところで、あまり影響ないのかもしれないとか思い始めている。どちらにしても、人が自然をコントロール、本当にできるのか、わからないしねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.20

エジプト国立博物館で略奪

う~ん・・・。

何と言うか、文化が政治や紛争に蹂躙される姿って、よく見させられるんだけど、なんかこう、心に痛みが走るんだよな・・・。

もちろん、主義主張があって、それが衝突するのは、致し方ない部分もあるのは重々承知で、だけど、文化・遺産がその犠牲になるのは、見てられない。その文化は「敵の文化」であって、尊重すべきじゃない、と思うのかもしれない。そうではなく、ただ貴重だから奪いたくなるのかもしれない。動機はいろいろあるだろうと思うんだけど。

ただなぁ、それを奪って、壊して、どうなるんだろう?歴史ってそんなもの、っていう認識はありつつ、なんか割り切れないんだよね。割り切れないのは、多分に当事者じゃないからという事情もありつつ、だけど、もっと歴史や文化、遺産は大事にして欲しい、そう思うのだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.19

就職活動も再開~。

世間がお盆休みだと、求人もお休みになるようだ(^^ゞ。まぁ、そうだよね。

だけど、それが終わると、下半期の予算も動き出すタイミングなので、ここからしばらくは、就職市場も動く、のだそうだ(受け売り)。

というわけで、僕もお盆休みを終了して、再び動き出すとき・・・とか言いながら、休み中に一つ応募して、ソッコーダメになったのは内緒、になってないか(笑)。

今日は、リクルートキャリアに行って、R社の応募を、産業雇用安定センターではT社の応募を、どちらもまず「打診」という形でお願いしてきた。どうなるかは、「導き」と「縁」がある場所に決まるだろ。それがわからないので、いろいろな場所に全力をつくすのだ。わかってるなら、最初からそこにいけばいい。そんな人は羨ましいね(^^ゞ。羨ましがってばかりもいられないが。

早いところ就職先を捕まえて、みんなを安心させなくちゃ、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.18

はろ、負傷

現状ではオールグリーン。大丈夫ですよ。

負傷箇所は右手の中指。爪の下にこれはシャープの芯か?何かの拍子で差し込んでしまった、というもの。聞く(見る)だけで痛そうでしょ(^^ゞ。

処置は、救急病院で爪をちょっと切除の上、抜き取り。で、抗生剤。処置自体は大したことじゃない。とにかくちゃんと処置できたのでOKだ。

しばらくは痛むというか、しみるんだろうけど・・・ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.08.17

NSX Concept-GT

ホンダは、来期のSuper GTにNSXを投入する。

今季まではHSV-010 GTでSuper GTに参戦してきたホンダ。対するトヨタ、ニッサンは、取り敢えずはロードゴーイングカーの名前を冠した車両を投入しているので、その分だけ際立っていた感があった。

が、来期はNSXを投入することにしたようで、そのマシンが、鈴鹿サーキットに初登場。パワーユニットは、2L直4直噴ターボっていうから、NSXに搭載予定のV6+ハイブリッドってわけじゃない。

っていうか、来期からのSuper GTって、そんなエンジンになるのか。ということは、SC430やGT-Rがそのエンジンっていうとイメージ違うので、投入車両の名前、こっちも変更するかな?

来期のSuper GTの動向も、ちょっとチェックが必要かな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.16

後遺症・・・

去年自転車事故で骨折して、偽関節と化してしまった僕の左鎖骨。どっちにしても、これで治療費も出たし、解決らいおんまる、とか思っていたのだけど、そんなに簡単な話じゃなかったようで。

本日保険屋さんから電話があって、「後遺症13等級の認定が下りまして・・・」ふあ?別に不自由もないし、後遺症・・・?

「まだ計算が全部終わってませんけど・・・」と続いてきた金額がかなりの額だったので、仰天してしまった。いやほんとに。軽い気持ちで事故なんて起こせないよ、いや、軽い気持ちで事故る奴なんていないだろうとは思うけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.15

Thinkpad e530 インプレ

取り敢えず、ファーストインプレということで。

まずはとにかく、最近の15インチクラスのPCって、大きいよね、と思う。外形のデザインは、見ればThinkpadだよね、とわかる。キーボードの真ん中にあるトラックポイント、タッチパッド周りのデザインも伝統のもの。Core i3のタイプなので、それほど速い、というものではない。そこは値段を優先したので(^^;)。

キーボードは余裕があるので、アイソレーションタイプだし、テンキーまでついてるので、デスクトップから移行しても、困ることは最小限のように思う。載せてるOSは、Win8ではなくWin7のPro。Win8にはなんとなくアレルギーが残っているので、Win7であることは、ひとつの購入要件だった。近いうちにそんなこと言ってる場合じゃなくなるんだろうと思うけど、一応は8にしても問題ない構成なので(メモリは増設することになろうけど)、対応は取れるように。

セットアップして、Winアップデートが長々〜と続いて、やっと今日くらいから本格運用という形になっている。Officeは、悩んだ挙句、2013を導入。母艦の方も2007から2013にアップした。それが母艦にとってどう影響が出るかは、ちょっとわからないけど。

必要な物をインストールしてから、使い始めてるけど、Winエクスピリエンスの数値通り、母艦よりもストレスなく動いている感じはする。

ただ、ブラウザの動きとか見ると、特にFirefoxとかだと、Core2 DuoのハズのMacBookのほうがスムーズに動くように思える。Sleipnirでは、雰囲気が違うし、なんとも言えないけど。

iTunesなど、その辺のソフトは導入してない、けど、音は悪く無いと思う。スピーカーはボディの下部にメッシュが入ってて、左右一体のように見えるけど、筐体が大きいせいか、スピーカ周りにも構造的な余裕が有るのかな?

現時点ではこんなトコロ。一人で使うには十分すぎるかも。母艦がまたあやふやな動きしてるので、ひょっとすると、母艦をなんとかするプロジェクトが思うより早く立ち上がるかもしれない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.14

ライコネン、来期フェラーリに復帰?

えー!?それだけはないと思うけどな。

ネタ元は「イルタ・サノマット」なるフィンランドのメジャー紙。その独自の情報に基づけば、ライコネンの来期の行き先はロータスでもレッドブルでもなく、フェラーリ復帰だという。

しかし、アロンソをフェラーリに迎えるためにライコネンを切った経緯がある。またフェラーリの伝統的な考え方は、「強力なナンバーワンドライバーと、それをしっかりサポートするナンバーツー」だ。それが崩れていたのはアレジとベルガーの時代など、数少ない。アロンソは2016年までの長期契約であり、それが崩れないと、ライコネンのフェラーリ移籍はないと言えるはず。

それをかいくぐるためのネタとして、アロンソがレッドブルに移籍するというおまけが付いている。確かにアロンソ、ニューウェイを高く評価しているし、最近はフェラーリの体制批判で、総帥のモンテゼモーロから公開のお叱りを受けている。それをベースに考えると、この話はあながち「ない」とは言い切れない説得力はある。が、だからって、アロンソとヴェッテルがレッドブルでうまくやれるか。2006年のハミルトンとの関係を考えると、それもアヤシイなぁ。

ライコネンがレッドブルに入ってヴェッテルとうまくやるか、って聞かれると、ライコネンのことだから、表面はうまくやるんだろう。ま、そういう意味では、アロンソがいるフェラーリでも、ライコネンなら黙々とやるような気もする・・・が。

取り敢えず、どうなるか、様子を見てみよう。
僕の考えは、冒頭に述べたとおりだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.13

Thinkpad e530

母艦のパフォーマンスが低下している、というか、先だってから熱が原因で落ちるようになっている。掃除機で中を掃除したところ、やや持ち直した。

それにしても、購入してから7年?8年?Vistaの頃に導入して7にアップ、8にはしないでおこう状態で引っ張ってきた。

それとは別に、MacBookはあるものの、そちらの方は、再就職用のツールを使うのにちょっとした支障があることも発覚した。母艦をずっと専有するのは、この夏休み、家族の兼ね合いもあって難しく、そんななかで見かけたThinkpadをほぼ衝動買い(ぉ。

MacBookは、iPhone、iPadの母艦としては手放せないので、こちらの運用はそれで続けるとして、Windowsを必要とする場面ではThinkpadを並行して運用していくことにした。Thinkpadの方は、そういう意味で最小限のソフト構成として、サブ的に運用、かな。画面が15.6インチとMacBookよりでかいので、こっちをメインにすべきではないかという声も聞くけど、あくまで再就職ツール用なので(^^;)。

Windowsエクスピリエンスは母艦が3.1に対してThinkpadは4.9だ。近い将来的には、母艦をThinkpadに置き換えという選択肢も、あるかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.12

大丈夫か、ザウバー?

1993年にメルセデスエンジンを載せてF1へ進出してから、今年満20周年となるザウバー。その間には、メルセデスが手を引き、フェラーリのカスタマーとなり、BMWに買収され、一つの時代を築くもBMWが撤退、ペーター・ザウバーがチームを買い戻して復帰、カルテンボーンが代表となって、今に至る。・・・と20秒でまとめるとこんな感じ?

そんなザウバーだけど、財政難が深刻になってきたと、前半戦から噂されるのだけど、それは、どうやら今年からチームに加入した、ヒュルケンバーグへのサラリーの支払いのみならず、フェラーリへのエンジン代金、ピレリへのタイヤ代金の支払いにも滞りが来ていて、さらには今年のもう一人のドライバー、エステバン・グティエレスのサラリーも、という話から、去年放出された小林可夢偉へのサラリーの支払いもまだではないか、とまで話が広がっている。

先日、ロシアの企業の救済が入って一段落かと思われていたのだけど、それも食わせ物みたいな話になってしまっており、どうやら大ピンチのようなのだ。

古くはロータス、ブラバム、ティレル、リジェなど、名門と言われていたチームも、今は見かけない。ロータスはブランド復活したけど中身はもちろん別物だから続いてるという話ではないし、運営が厳しくなって結果が伴わないチームには、F1は優しくない。でも、折角ここまできたチームが消滅するのでは、という話を聞くのは寂しい。

やはり、F1のコストダウンというのは、喫緊の課題なのに違いない。こういうチーム存続問題やペイドライバーの増加など、問題は複数にまたがる。F1が危ないとも言える。フェラーリとライバルさえいればいいってわけでもないだろうし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.11

暑さのせいなのか?

いや、自分のせい。それを暑さのせいにしてるだけ。

この2日間、出かけるときにケータイを携帯しないことが続きましてね。基本的に大事な連絡とかはないので、大丈夫、なんだけど、それでも「忘れる」ということは、会社勤めの時はなかったので、気が緩むっていうのはこういうことなのか、と改めて思う次第。
こういうのが続くのは、やっぱりよくないんだろうね。でもま、みんなで幸せになるという目標はまだ持ってるつもりだし(その「みんな」のレベルはどこまで広げるかっていうのはひとつの問題だけど)、気を緩めてる場合じゃない。
ちゃんとやらないとね。そういう話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.10

40.7℃の衝撃

今日の甲府の最高気温。高知の四万十でも同じ記録を叩きだしたというので、単独一位ではないけど、今日は日本一ぃぃぃぃ!

嬉しくねぇけどなっ!

その時刻には・・・と、イエ□ーハットにいたぜ。ワイパー交換しなければってわけで、ワイパーブレードを購入してた。

今も、35℃超えてる・・・今夜は寝かさないぜ、って違うってーの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.09

灼熱の日々、再び

今週中盤から、甲府では、また体温よりも高い気温な日々が。

夕立でもあれば救われるんだけどねー、気配もないな(^^ゞ。

みなさんのところは、どーですか?熱中症には十分気をつけてね(^O^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.08.08

水ようかん

20年来の友人から、「誕生日祝い」と称して、水ようかんがやってきた。

去年、ほんの気まぐれで、紅茶の詰め合わせをお送りしたんだけど、強烈なカウンターを食らってしまった気分(^^ゞ。

なんというか、上品な味で、どうしてこんなに僕のストライクど真ん中に放り込んでくるのか、不思議。ありがたくいただきました。2ヶ月後に向けて、なにやら妙なモチベーションが沸き上がってますけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.07

マッサがまたフェラーリシート喪失の危機

去年も夏休み前はこんな話をされていた。その時は、後半戦盛り返し、韓国GPでは表彰台にも乗って、シートを確定した。

今年はどうだろう?序盤は悪くなかった。アロンソよりも前でスタートすることもあって、好調は続いていると思われたのだけど、この3戦くらいはタイヤもあっただろうけど、不可解なクラッシュが続いたこともあり、急激に立場を悪くしていることは、モンテゼモーロも認めている。

この度、マッサ本人がそれを認めたことで、フェラーリのシートのラインアップもいきなり不安定に。来期マッサが抜けると、お・そ・ら・く・・・、そこに座るのは、可夢偉ではなくビアンキなんじゃないかな、と思われる。可夢偉は、フェラーリのLMP1があったとして、そちらの候補としてオファーされる可能性のほうが高いような気がする。そしてそれは、可夢偉の希望には沿わない可能性が非常に高いので、どうなることやら、ということに。

他には、ロータスも資金難でライコネンを引き止めるのに苦労しそうとか、いろいろと不安定要素があるので、来期のドライバーラインナップは波乱含みになった。全てはウェバーの引退劇で始まった話だけど、ここまで波紋が広がるとは思わなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.06

ケーターハム、セブンにスズキ製の660ccエンジンを搭載

「最軽量のセブンを作る」のだそうな。

で、そのためにスズキを選んだという。軽のエンジンなら、ダイハツ、ホンダ、三菱(日産)の選択肢はあるけど、スズキですか。

かつてのアルトRSのように、4気筒、1万回転超とか、そこまで回るエンジンは今はないけど(もちろん「エコ」の観点からそうなるのは必然だけど)、興味深い。

確かに、スイフトとか見ても、軽量マシンの元気さでは、今はスズキのマシンがピカ一だという。そういう意味では、この選択で正解だったのかもしれない。

ときに、ターボがつくのかどうかはこのリリースでは不明だけど、回転命ならターボは載せないかな?出力は、国内軽の自主規制には縛られない作り方をしてくるようなら面白いかも。

発表は今月中、ロールアウトから最初のロットのデリバリーは今年中を目標にしているというので、正式発表を見てみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.08.05

今日は何も書くことが・・・

ないのである。困ったことに。

そんな×◯歳のはじまり(^^;)。そういう誕生日もあるってことさね。家族には、昨日の時点で祝ってもらったし、そんなわけで、今日は何もなくてOK、普段の日と一緒だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.04

富士湧水の里水族館

「ものくろどん」の方見てる方は、ネタかぶってます。あっちはほぼモブログですがね。

湧水の里水族館は、忍野村にある、淡水専門(と言っちゃっていいんだろうな、海水魚もちょっとはいるみたいだけど)の水族館。海無し県だから、そういう構成になるのは仕方ないところ。

富士山の湧水が引かれて、それで淡水魚が育成されている。水槽はかなり巨大で、そこで泳いでるニジマスとかも「おいしそう」なのもいるけど(^^ゞ、「これ、でかくね?」ってのも多い。

以前にも一度来てるし、子どもたちも遠足で来るところなので、珍しいわけじゃない。ただ、去年、クニマスが西湖で発見されて、それが特別展示という形で展示されている。本来は山梨県水産技術センターの管理なので、一般人が見るとしたら、やっぱりめったに無い機会なので、それを見に行った、というところ。

って言っても、あちらでも書いたとおり、ヒメマスとの差は、わかりにくい~。淡水魚って、地味だし(をい)、でも、単独で、明るい水槽で展示されてるのでじっくり見ることが出来た。オーバーフロー水槽で展示されていて、見てるうちに、やっぱりオーバーフローっていいよな、ってそっちか!みたいな見方になってきてしまって。結露を防ぐ意味で冷房が強くかかっていて、涼んできました、って話でもないんだろうけど(^^ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.03

土用、二の丑

今年は「二の丑」があるのね。先だっての丑の日は普通にうな丼にしていただいたけど、今回は白焼きを買ってきた。わさびと塩でさっくりと頂く予定。

郷里が土浦であるせいか、うなぎにはいろいろとうるさいほうかもしれない。鰻屋さんの娘さんとクラスメートだったって話もあるしね(^^ゞ。

子供の頃は、駅前はうなぎ、ワカサギ、その他小魚の佃煮などのお店が並び、鯉などもあらいや鯉こくにしてよく食べたもの。土浦駅には、全国的にも珍しいうなぎの駅弁があってね、と話しだしたら止まらないかも状態。

今は、いろいろと昔の面影はないし、つくばに押されて陰も薄くなってしまった土浦市だけど、とにかく自分の生まれ育ったところだし、もっと頑張って欲しいなぁ、と思ってる。この機会に、土浦に戻って、土浦のために働くのも悪く無いかな、なんて思ったり、そんなに思うようには行かないか(^^ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.02

フェラーリがLMP1に進出(復帰)?

これがいわゆる「ガセ」でなければ、ニュースとしてはかなり大きいものになると考えられるんだけど。

フェラーリは、1973年を最後として、ワークスとしてのル・マン参戦は行なっていない。理由としては、株主となったフィアットの意向で、レース予算が削減され、F1に絞らざるを得なくなったからだとされる。結果的に、F1では1974年以降の成績は上向き、その選択と集中は成功したわけだが。

それでは、親会社のフィアットのル・マン参戦は、というと、これが殆ど無い、っていうか、モータースポーツそのものへの参戦が極端に少ない。WRCへの参戦が認められる程度、あとはスポンサーとしての参戦くらい。わかってるのは、ランチアのブランドで1970年代に参戦してたことくらいかな?

そんなわけで、AFコルセでLMP2に参戦しているけど、それは公式にはワークスの体制ではないのだ。たとえ、ジャンカルロ・フィジケラや小林可夢偉の契約がフェラーリ本体との契約だとしても。

それが、LMP1への進出となるともちろん話が違う。LMP1に現在参戦しているのはアウディ、トヨタ、そして2014年にはポルシェの参戦が予定されている。どこもバリバリのメーカーワークスだ。そこに乗り込むとなれば、もちろんフェラーリもワークス体制でなければならない。そしてそれにゴーサインを出すのはもちろんフィアットの許可が必要。だから『「ガセ」でなければ』、というエクスキューズは付かなければならない。

そして、その計画が実際に存在するとするならば、小林可夢偉の将来に大きく影響するだろう。だから、確度が低い今の状態だけど、エントリーにしておく必要はある。どこまで真実が含まれているか、不明点は多すぎるけど、成り行きを見ておく必要はあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.01

月刊からふるなゆうべ 2013年7月号

いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

こちらのブログでは、毎月、先月度の数値データと今月度のおおまかな流れを公表しております。

ディナ:「こんにちはー。ディナです。再就職もそう簡単じゃないよね」

リクルートキャリアのデータでは、3ヶ月で3割っていうところだそうで、でもそれはリクルートキャリアを使っての話だし、そこが使えなければ、落ちるのかもしれないし、よくわからない、ってところかな?

ディナ:「ハローワークは?」

あはは。今日も行ってきたけど、特許関連は少なくとも山梨では「見たこと無い」状態だし、研究開発も、う~ん?ってところでした。

ディナ:「自分がしっかり動かないとダメってことみたいね。」

そういう方面に進むなら。別の道に進むなら、また違う展開はもちろんあると思うけど。

というわけで、集計行きます。


続きを読む "月刊からふるなゆうべ 2013年7月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »