« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013.09.30

lenovo H520s

経済的な理由で導入してこなかった進研ゼミ。今回の件で、余裕ができたわけじゃないけど、その場しのぎのお金は入ったので、投入した。結果、子どもたちもネットを使うようになり、ついにAcerがパンクした(^^ゞ。動かないわけじゃないけど、ネットで講習中に止まるとか何事状態になってしまった。

ヤ▽ダ電機で、純粋に値段で決めたら、lenovoになってしまった。特に作為があったわけではない。ただ、ThinkPadとキーボードの使い勝手が近いのは嬉しいかも。

ヤ▽ダで買うと、さすがに今どきWin7のマシンはなく(ThinkPadを買ったのは別の店)、ついにWin8ということになった。8.1も出る矢先だし、あまり嬉しくはないんだけど、背に腹は変えられん。

で、Win8。これまで敬遠してたわけだけど、結論から言うと、敬遠してたのはバカみたい。ThinkPadのWin7と比較しても、立ち上がりも立ち下がりも爆速だし、安定性も比較にならない。使い勝手こそ、確かに7までの使い方と違うし、当初は戸惑うがそれは慣れと工夫で補うことは可能。メンテナンスは面倒だけど、環境が整ってしまえば、問題ないってこと。

と、いうわけで、ThinkPadも、Win8に上げることにした。一度Win8をちゃんと使えるようにしてしまうと、Win7はまだるっこしくて、やってらんない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.09.29

Nescafe Barista

ほら、自分でレギュラー淹れるのもいいけど、最近結構いろいろあるし、いい加減になりつつある。エスプレッソまではともかく、自分でカプチーノとか、さすがにめんどくさいし。

で、バリスタ。気になってたのよね。ただ、高いし、かさばるし、購入の同意は得られなかった。当たり前だよね、ほとんど趣味のものだし。

今日、買い物にバリオまで出かけたら、ネスレの販売員さんがいて、ゴールドブレンドも「挽き豆包み製法」になって、「インスタント」ではなく「ソリュブル・コーヒー」と呼ぶことにしたとかで、購入したら、くじ引きで、バリスタあげます、ってことで。

販売員のお姉さん曰く、「『当てるようにしてください』と言われてる」とのこと。でも、総数2台なんだよね?引いたら、2枚絡まって出てきちゃって、お姉さん「もう一度引き直してね」って、いいんですか状態。で、引き直したら「あたり」って、なんとはなしに作為的な疑惑もありつつ、普通に購入したら7980円だからね、ありがたくいただいてきたさ。

セットして、洗浄してコーヒーを淹れてみると、通常自分で入れるよりは濃い目。まぁ普通のコーヒーの濃さだけどね。カフェオレやカプチーノにすると、お湯でカップ内のミルクを強制的に泡立てる仕掛けなので、結構跳ねるけど、出来上がるのは結構まとも。お金出してどうかと言われると、やっぱり疑問符はつくけど、使える。自分で粉入れてお湯入れてってやってる時間よりは早い感じ。手入れは手が掛かる感じ。カプチが美味しくできるというのがポイントだろうなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.09.28

下二人の運動会

ふたりとも、「赤組」だったのは、兄弟げんかにならないための采配かしら?兄弟姉妹が別の組だったこともあったかな?あんまり覚えてないんだよね(^^ゞ。

ともかく、朝は冷え込んだものの、秋晴れに恵まれ、いい感じの運動会だったのではなかろうかと。例年だと、今の時期ってまだまだ暑くて、結構しんどいものがあったりするんだけど、今年はしんどいと感じることはなく進んだ。

運動会の主役は子どもたちだし、彼らが楽しく、気分よく会を進められたら、それがいいってことで。

赤組も逆転勝利を収めたし、よかったね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.27

iOS7.0.2

○ロック次のパスコード回避修正
○パスコード入力時にギリシア文字キーボードオプションを「再」導入

と説明にはある。容量は19Mほど。
セキュリティの話だから、入れておく必要はあるけど、気になるのは2番め。わざわざ「再導入」と言ってる。

現在アップデート中なので、なんとも言えないけど、どうなのかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダ・オデッセイ5代目

ティーザーサイトが立ち上がったようで。

今回、何より驚いたのは、歴代オデッセイのリアドアがヒンジ構造だったのが、スライドに変わったこと。このサイズだと、スライドのほうがスペース的には有利かなとは思うけど、これまでヒンジだったし、そういうポリシーかと思ってた。

とは言え、ホンダのモデルチェンジは、現行モデルの否定から始まるスタイルだと聞いたこともあり、そういう意味だと、なんでもできるとも言える。

3代目で低くなった車高は、今回1690mmと揺り戻し?が来た。室内高を高くして、スペースを稼ぐのが通常のミニバンなので、通常に戻ったとも言える。

もう一つ言えるのは、このサイズのミニバン、全般的に苦戦してて、エスティマにしろMPVにしろ、通常のモデルチェンジスパンの倍くらいまでモデルチェンジを控えてるし、プレザージュあたりはもう生産もしてないんだけど、オデッセイだけはモデルチェンジサイクルをきっちり守ってやっているということ。それはいいことだと思う。この8年くらいで自動車のメカニズムは本当に変わった。エスティマもMPVもその変化に完全に乗り遅れていて、それが売れ行きに反映して、結果自分の首を絞めてる状態だから。

どうやらMPVには次期モデルはある、という情報もあるけど、それがどうなるかについては、おそらく、このオデッセイがひとつのベンチマークになるのではないかと。頑張ってくれれば、うちの自動車生活にも影響ある部分なので、いいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.26

息子1、内定

先日面接をしてきた息子1だけど、本日、内定の通知が来た。
むむ、負けた(^^ゞ。実家の親にも「あとはお前だね」と言われてしまった。まぁ、これで気合も入ったし、しっかり探すよ。
しかし、思うに、こういう就職活動って、究極の成果主義だよね。いくら活動して、いいところまで行っても、内定もらわないとゼロだからね。
会社にいて「成果主義」とか何とか言っても、結局会社の中での話で、実は成果出なくても、給料はもらえるもんね、ぬるいっちゃぬるいだろ、とか思ってしまう。まぁ、そういう意味で、再就職活動を切り抜ければ、そういう意味では成長してる、ってことで前を向くしかなかろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.24

2013年F1シンガポールGP TV観戦記

 いや~、今期はもう、シーズン終わりまでに、ヴェッテルが、2位と(それが誰となったとしても)どこまでポイント差を広げるかというのが最大の興味になったかもしれない。おそらくもう逆転はないだろう、っていうか、もしも逆転があったら、それはそれで凄いシーズンってことになるけど。

既に予選から、ヴェッテルは異次元にいて、ミディアムタイヤ、Q2タイムが既にほぼポールタイム。Q3もワンアタックで終了するという余裕。流石にロズベルグがキレキレの走りを見せて追い込んだものの、上回ることまでは出来ず。

決勝も、スタートダッシュこそロズベルグが上回ったが、2コーナーで膨らんだところにヴェッテルが差し込んで、それで優勝争いは終了って感じ、あとはもう、セーフティカーが入ろうがなんだろうがお構いなし。リスタートで1周2秒近い差を後続につけて、悠々と最後のピットストップも済ませ、楽勝でゴール。

引き換えに、5~10位くらいの争いは熾烈を極め、一時は3位にいたバトンが終わってみれば7位だったり、4番手に上がったウェバーにはギアボックストラブルが出てファイナルラップで止まっちゃうとか、この辺りは実に見応えのあるレースとなった。

結果、優勝ヴェッテル、2位アロンソ。3位ライコネンは、グロージャンがストップしなかったらこの位置にはいなかったかも。フリープラクティスのセットアップから、グロージャンよりもプライオリティを落とされてるのは、もう誰が見てもわかるくらいあからさま。4位ロズベルグ、以下ハミルトン、マッサ、バトン、ペレス、ヒュルケンバーグ、スーティル。

今回はレビューが短い、まぁ、一泊二日で出かけてたので、レビューの鮮度も落ちてるので致し方無いかと。次戦は韓国、どうなるか、はなんとなく分かる感じもするけど、まぁ様子を見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.21

何にもしないうちに

もうこんな時刻か。

まぁ正確には、何もしてないわけじゃないんだけど、再就職活動も今ひとつ好調とはいえないし、そろそろ3ヶ月にも近いので、なんとなく行き詰まりを感じていたり。

だからって、退職したのを後悔してるわけでもない。話を聞くと、リストラしてもあまり好調に戻った感じもしないし。どちらにしても行き詰まるのであれば、前を向いて行き詰まりたいものではある(どういうんだ、それ。)

あまりのんびりしてるつもりもないけど、慌てないで、いい方向に向かえばいいよ、とか。まぁ、このままだと、息子1のほうが先に就職決めそうな勢いだけどな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.20

アロンソとライコネンのペアはうまく機能するか

もう、今F1の話をすれば、それしかないってくらいにいろいろな人の、いろいろな意見が飛び交っている。

結論は蓋を開けてみないとわからない。が、予想をするのは勝手とばかりに話が出てくる。ウェバー、マッサの現役ドライバーはもちろん、シューマッハ、ヴィルヌーヴなど、引退したドライバー、ラウダやプロストなどのレジェンドまで。どちらかというと、彼らは衝突するだろうという予想のほうが多いように思われる。

ヒントになることはいくつかある。まずはアロンソとハミルトン。今はともかく、マクラーレン時代の彼らには「確執」としか呼べないようなものが確かに存在した。一方のライコネンは、そうだな、モントーヤとの時代が一番彼我の実力が拮抗していた時代かもしれない。

ひとつ言えるのは、ライコネンが相手を非難することは、ほぼないだろうということだ。ライコネンが相手をなじったのは、記憶にあるうちでは、ペレスに対するものしかない。そういう意味で、ライコネンがことを荒立てるようなことは、おそらくないんじゃないかな。

一方のアロンソは、結構雄弁だ。そのアプローチは変えないとも言っている。つまり、自分が不利になった場合、アロンソは「語る」だろうということだ。いつ語りだすか、そこがポイントだとみんな思っているだろう。

さて、最近のもう一つの例を見ておこうか。ハミルトンとバトンのコンビだ。これは、チャンピオン同士の組み合わせだったけど、珍しく「機能」した。この時は、当初バトンが「表向き」一歩ひいて、自分の「チーム」を作り上げ、総合力で対抗した。ハミルトンも言うことは言うけど、アロンソの時とは違い、態度を硬化させることはなかった。この組み合わせがひとつの教科書になるかもしれない、とは思う。

もちろん、アロンソはハミルトンじゃないし、ライコネンもバトンじゃない。もっと異質なものを感じる。が、逆にこの二人、あまりにも違いすぎて、衝突は起きないんじゃないか、少なくとも表向きは。僕にはそう思えるのだ。決して友好は無いと思うけど、コンフリクトはしないんじゃないかなぁ。ただ、どっちも相手を助けることは「よし」とはしないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.19

十五夜さん

、ということで、今晩の月は見ました?

「中秋の名月」と言われるこの月、満月だとばかり思ってたら、旧暦の都合で決められてるために、満月というわけではないんだと、ラジオで盛んにやってましてね。今回は満月なんだけど、次の満月は、なんと2021年にならないとないんだそうで、8年も先の話になるって言うからびっくりだ。

なんの疑問もなく、十五夜といえば満月と思ってたので、世の中、知らないことがいっぱいあるなぁ、ということで一つ。

さぁ、団子食べよ(おい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS7が来た。

そのサイズは、僕のiPhone4Sで728M、iPad miniで715Mにもなった。流石に見た目、スキンからの変更とあっては、このサイズも致し方無いかなと言ったところ。アップデートにもかなりの時間がかかった、っていうか放っておいて買い物に出ちゃったので、どれくらい時間かかったか不明(^^ゞ。とにもかくにも、帰ったらアップデートは完了していた。仮に失敗してたとしても、もう慌てないけどね。

そこから例によってという感じで幾つか設定をしたら、もう使える。んだけど、見た目が言われていたとおりとは言え、ホントに大きく変わったので、それまでの見た目に慣れきってる人のほうが、違和感は大きいんだろうなと思う。フォントも細字になって、全体的に「すっきり」系、と言えるか。

アプリの立ち下げ方法も変更に。慣れれば新しいやり方のほうが早い。メール、メッセージの消去のためのスワイプが逆になった。これは慣れるまでは戸惑うところ。カメラアプリは、通常もあるけど、正方形にできたり、フィルタが追加されたりしてる。

Safariも趣がだいぶ変わった。開くウィンドウが無制限になったし、その選択方法も変わった。Macだけ使ってるぶんにはいいんだけど、Winの方のSafariのアップデートがないので、ほとんどiPhoneのみで使ってる。

それから、アプリのアップデートが自動化できるようになった。これは助かるかな。それから、迷惑メールの着信拒否もできるようになったのは嬉しいぞ。

ああ、それから。「ミュージック」の音出しも変わったと思う。少なくとも、音のボリュームは大きくなっているのは間違いないところ。中音域の音圧が上がってるような気がするんだけど、これは「新しくなったから」のプラシーボの可能性ありだ。

総評としては、見かけが全然違うけど、基本的には使いやすくなったし、iOSとしての基本は変わってないように思うので、問題はないかな。バッテリーの持ちが悪くなるよという意見が散見されるので、それは問題かも、だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.17

息子1の面接付き添い

台風のせいで、前泊の予定を、当日の朝出発に切り替えて、甲府から横浜方面に出かけた。出発は朝7時そこそこの、かいじを使用した。午後一に入ればいい、ということだったけど、現地には2時間くらい余裕を見て、というのが、仕事の場合に、単独で動く時の僕の流儀だ。

そんなわけで、現地で場所を早々に確認して、ファミレスで時間を潰してから息子1を会場に送り出したわけだけど、それが結果的には良かった

その頃、すでに中央線は不通になっていたから。30分位前に着けばいいや、と思っていたら、確実に巻き込まれていたか、行けずに終わっていたと思う。人生の機微とは、そんなところにもある、のかも知れない。まぁ、本人がポカかまして、落ちてしまったらあまり意味はないのかもしれないので(^_^;)。それでも受けられずに予選落ち、よりは確実にマシなわけだけどね。

横浜でちょっと時間を使うつもりが、そういう理由で、八王子まで戻って、大量に時間を余らせる羽目に。

息子1を置いて早めに帰るはずが、逆に八王子で息子1と合流。途中の駅からバスで事故の区間をまたいで、という話だったけど、結局は、事故の駅で東京側、甲府側それぞれ折り返し運転していて、高尾、事故のあった相模湖、大月と3回も乗り換えて帰ってきた。

相模湖駅では、ホームの下の土盛りが崩れたのかな?だとしたら台風の影響ってことなのかなぁ。乗り上げて脱線した車両は、切り離されてはいたけど、撤去はされておらず、徹夜で作業なのかなぁ、これは、と言った感じだった。

特急は、事故以降の分はすべて運転取りやめとなっていたけど、あの感じだと、明日の始発に間に合うかどうか。あまりできない体験をしたんだけど、自分たちのミッションは果たしてるので、OKということにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.16

Refill Stocker

きっとそのうち出るだろうと思っていた。正確には、2013年版、つまり去年から出てたみたいだけど。

システム手帳のリフィルをデジタル化し、下に記されたナンバーを元に日付ソートして保存するというもので、このリフィルをソートするという点がポイントなんだけどね。流石に手書き文字をOCRか何かして、完全デジタル化、とは行かないようだ。アプリとそれに対応したリフィルが必要だけど、数字がなければ日付は指定できるという。まぁ、めんどくさそうなので、対応リフィルを使うことがオススメだと思われる。

ともかく、これなら、過去のシステム手帳のデータをiPhoneで持ち歩けるということになるので、うまく使えば、ほぼ日手帳よりも役に立つ場面もありそう。楽天ポイントが溜まっていたので、お試しで、入手してみることに。ちゃんと運用するかどうかがポイントかもだけど、やってみるさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.15

台風・・・か。

息子1の就職のための面接が、明後日なんだよね。しかも場所が横浜、でさ。

前泊を予定してるんだけど、台風の中移動ってことになるのかも。流石に取りやめってわけにはいかないし、行くしかないんだ。幸運と無事を祈るしか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.13

金魚の増える時期(何度目?)

既に先週末がそれで、5匹やってきたんだけど、今回は来た時から弱ってる子が多く、2日の間に3匹が落ちてしまった。これまでよりも落ちるペースが早く、ひょっとして新入りは全滅?とやきもきさせられたけど、そこで踏みとどまって、2匹については、まぁ定着と言っていいんだろうな、という感じに。

今後は、事情もあってなかなか世話も難しい状況に突入する可能性もあるんだけど、できるだけ多くの子を生き延びさせてあげたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.12

ライコネン、フェラーリに復帰

その直前に、マッサがtwitterにて、「来期はフェラーリで走ることはない」と明かしたため、ライコネンはマッサに代わって、ということになる。契約は2年。しかし、アロンソ&ライコネンというチャンピオン同士の組み合わせは、フェラーリとしては、まさに異例。ジョイントナンバーワンという待遇も異例中の異例だ。

そして、ウェバーの引退から始まった来期への暑い時期のストーブリーグは、今回の発表によって、ロータスがエースドライバーを失うという展開に。

さて、こうなると、ロータスが取るべきドライバーは、そんなに多くないというか、基本的にヒュルケンバーグ一択と言える。多分そういう動きはしてると思われ、マッサの居場所は、またザウバーってことになるのかしら?もちろんロータスがマッサを取るというオプションもあるけど、マッサは安定性に欠けるきらいがあるので、エースドライバーとして取るにはリスクが有る。ましてやパートナーはおそらくグロージャンの居残りだ。だったらヒュルケンバーグを取るほうが理にかなっている。

ん?可夢偉?いや、今の状況ではちょっと・・・。動いちゃいるとは思うけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.11

iPhone、5Sと5Cに対するスタンス

んと。ざっと見て、4Sから買い換えるモチベーション的には、テザリングしかなく、それだけだったら、あんまり買い換える意味を持たないんじゃないかと思われてしまうんだろうね。

スピードアップはしないよりはした方がいいよね、状態。容量については、iPhoneとiPodを統合して思うに、やはりこの2つの機能は分離したほうが僕には向いている、となれば、容量アップは今のところは間に合っている。

問題はテザリングの許容範囲で、僕のPCを含めた全通信量を賄えるかどうか、という一点にかかっている。これが破綻するようなら、iPhoneをアップするよりもWIMAXか何か、別の通信手段の導入のほうがプライオリティが高くなる。

今回の新iPhoneのイベントに、僕があまり前のめりになっていない理由は、そのあたりにある。その辺をちゃんと検討しないと、つまりは再就職が決まってこないと、何も言えない。そんなわけで、スペックに対する詳細検討は行わないのだった(^^ゞ」

まぁ、巷では売れるんでしょうけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.09.10

ほぼ日手帳2014

そう言えば、例によって、先月の下旬にはほぼ日手帳の2014年版が出てるはずだっけ、と、今頃になってチェックに向かう。2013年版は、思うところあって、4月始まりを入手していたのだけど、また1月始まりに戻す予定。

その上で、ラインアップをチェックするのだけど、ここ数年のデザインカバーは男が持つにはちょっと厳しいかなっていう感じの柄が多いような気がする。

今回僕が気になったのは、「つばき」「オレンジチョコ」「オーバーチェック」「グラスタイル」「FieldPack」かな。

あとは、ヌメプレミアムが長く使えてオススメなので、今年はこれがラインアップされたことがひとつのトピックかな?あとは、アンリのラインアップが多く、その代わり通常の革のラインアップが削減されてる。アンリは値段が強烈なので、おいそれとは買えないんだよね。

で、どうするか。2013年はブルーを使ってるんだけど、来年はまたヌメに戻す予定。っていうか、ヌメを10年使うつもりで買ったわけだし、実使用2年で終了させるわけにも(^^ゞ。FieldPackの素材が、もしもバリスティックナイロンだったら、これを買うというのもあり。普通のナイロンだったらパスかな。11月発売なので、それを待って結論に向かうことにしようか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.09.09

2013年F1イタリアGP TV観戦記

これで、ほぼ決まり。と言うか、今のレッドブルRB9とヴェッテルのパッケージには、予選はともかく、レースではちょっと手がつけられない状態と言えるだろう。

その予選だって、今回はレッドブル、そしてヴェッテル圧勝と言える。1分23秒台に突入したのはレッドブル勢のみ、ウェバーがフロントローを固めたわけだし。そんな中、ザウバーのヒュルケンバーグが1分24秒065で3番手に来たのは、驚きだし、彼にとってもザウバーにとっても久々のいいニュースになったと言える。フェラーリ勢はマッサが前の4、5番手、以下ロズベルグ、リチャルド、ペレス、バトン、ヴェルヌと続いた。ライコネンは11番手、ハミルトンも12番手と沈み、ハミルトン5戦連続ポールとは行かなかった。この予選の結果を見ただけで、レッドブルが非常に有利だし、フェラーリは苦しく、ライコネン、ハミルトンについては望み薄ということが言える。

決勝、スタートは曇り。これで雨でも来れば異なる展開も見られたかもしれないけど、残念ながら、スタートを決めた時点でヴェッテルの得意の形。フェラーリ2台はマッサがうまいスタートで2位を確保、ウェバーが3位に落ちてその後アロンソという形に。ライコネンは第1コーナーでバトンに追突をかましピットへ。この時点でライコネンはほぼノーポイントと思われた。ハミルトンも目立たないスタート。後ろではディ・レスタがグロージャンに追突し、リタイヤ。これは審議となったけど、ディ・レスタに非があると認められた模様。戒告ということになったようだ。

アロンソがウェバーをかわすと、マッサはほとんど抵抗なく2位の座を明け渡し、これで上位陣の流れはほぼ決まった。興味はウェバーがマッサをかわすかどうか。結果的にはピットのタイミングでウェバーはマッサをかわすことに成功している。

中位ではグロージャン、ハミルトン、ペレス、バトンあたりが接近戦を繰り広げていたが、抜きつ抜かれつみたいな形にはならず、まぁ高速性能に特化したイタリアGPらしいと言えばそんな感じ。終盤レッドブル勢にはギアにトラブルが出たが、大怪我にはならず。

最終的な成績は、優勝ヴェッテル、アロンソ、ウェバーが表彰台。ウェバー、ヨーロッパラウンドの最後で表彰台をゲット出来てよかったね。以下マッサ、ヒュルケンバーグ、ロズベルグ、リチャルド、グロージャン、ハミルトン、バトンまでがポイント。ライコネンは11位で惜しくもポイントゲットならず。これでポイントではヴェッテル独走、2位のアロンソも53ポイント離されては逆転は厳しいと思う。

ともかく、次戦はシンガポール。コース特性はガラッと変わるので、今後は、1戦1戦で誰が勝つかに一喜一憂しようっと(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.08

眠い・・・。

朝から河川清掃がありましてね。

思うに、こんな夏の暑さが残る9月頭よりも、10月にした方がいいのでは、と毎回感じるのだけど、今でしょ、っていうんだから仕方ない。イタリアGP予選を見たので、睡眠時間があまり取れてないんだけど、そんな個人的な事情は取り敢えず横において。

その後、寝ようと思ったんだけど、これがなかなか寝れなくてねぇ。そして今に至る、と。この状況では、イタリアGPでヴェッテルが逃げようものなら、確実に途中で寝るな。どうしよう(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.07

F1については分離しようかなぁ・・・

分離、というか別館を改めて立ち上げ、ダブルポストにするとか。

ここからF1を取ったら何が残るんだって話もあるので、思い切り良く分離、とはいえない所があれですが(笑)。

かと言って、F1(あるいはレース)とそれ以外とでカテゴリー的にかなり乖離が感じられるのも事実。また、F1以外のレースがなかなか噛みこんでこないっていうのもありまして。

どうしようかなぁと。複数のブログは続かないというのもあるので、しばらく考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.06

レッドブル、2014年はヴェッテルとリチャルド

レッドブルの公式発表で、やっとうわさ話に終止符が打たれた形。

もっとも、ライコネンのマネージャーが「来期、レッドブルはない」と述べた時から、おそらくはこのラインアップに決まりだろうと言われていた。トロ・ロッソでの同僚、ヴェルヌの名前が一度も浮上してこなかったのは、ヴェルヌにとっては不本意だろうけど、ま、それもこういう世界ではありがちなことなので、めげずに上を目指して欲しい。

一方のトロ・ロッソだけど、ヴェルヌの残留は既に決定、残りのシートについては、ボスのフランツ・トストは「急がない」と言うものの、噂は例のごとく先行していて、若手ドライバープログラムのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタがリード、ブラジルのバックアップを受けてフェリペ・ナスル、シルバーストンでいい成績を残したカルロス・サインツ・ジュニアも候補だという。

カルロス・サインツ(シニア)のファンだった僕としては、最後の候補の滑り込みを期待したいけど、ネームバリューだけで市場は動かないからね、そっちはどうなるか見てみよう。

レッドブルに戻ると、リチャルドの昇格は、僕としては時期尚早な気分。トロ・ロッソ自体あまり目立ってないし、去年のドライバーだったブエミやアルグエルスアリと比べても疑問符を付けざるをえない。それを跳ね返すくらいの活躍をしたらしたで、「やはりF1はマシンがモノを言う」と言われてしまうだろうし、難しいのだ。それでも勝ってしまえば何とでも言えると思うけどね。今のヴェッテルに勝つのは難しいと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.05

降れば大雨

全く、何だって言うんだ。

昨日、午前中から降りだした雨は、夕方から夜になって、断続的だけどどんどん激しくなり、夜半くらいからは雷を伴って激しい雨となった。

そんな中でも、3時くらいにごく近所で大音響とともに雷が近所に落ち、流石に目が覚めた・・・、と思いきや、娘~ずは平常運転で爆睡していて、息子2だけが目を覚ました状態で済んでしまった。きゃーきゃー泣かれるのとどっちが良かったのかについては、また別の話ということで。

ともかく、降れば大降り、降らなきゃいつまでも晴れ、では全然予想もつかないな。ま、どっちにしても、これで少しは涼しくなってくれればいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.04

マイクロソフトがノキアの携帯部門を買収

いや〜・・・・。

何というか、10年くらい前の面影がないな、ノキア。携帯電話時代には世界で圧倒的に売れているのはノキアだったはず。スマートフォンの戦略を間違えると、こうなるのか、というのがまざまざと。

ノキアは705NK使ってたし、同期もWindows Mobileなんかメじゃないくらい使いやすかったので、かなり寂しい物を感じる。iPhoneに移行したところで、区切りはついたけど。

先日、家を整理してたらPalm m505cが出てきたんだけど、それを発見した時の感情に通じるものが湧いてきて、いろいろと考えてしまうのだ。

しかし、マイクロソフトとはね。バルマー社長の交代と、関連があるかも知れないなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.03

全国的に豪雨みたいだけど・・・

皆さんのところは大丈夫ですか?

甲府は、水不足が続行中。今日も晴れて、真夏日となった。今年は天候の話題が多めだけど、それだけ天気がこれまでとは違うということなんだよね。

「地球温暖化」については、色々と議論の余地がありそうなので、人間の活動だけでこういう結果になってるとは言い切れないと思うけど、人間の活動の影響がどうであろうと、現実としてはこの天候、これまでとは違うとしか言いようが無いわけで、自分の生活スタイルは、改めなければいけないところは改めないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.02

CASIO EDIFICE M1100

・・・を購入した。

ProTrekが壊れたわけじゃない。僕が持っていたProTrek(PRW-1000J)に関する不満は基本的に2つ。(注:すべてのProTrekがそうだという訳じゃない。あくまで、PRW-1000Jについての不満ということで。)

1つはカレンダー表示。曜日がでかでかと出るのに日付が出ない。これで結構不便した経験があって。逆のほうがよほどいい。

2つ目は、自慢のトリプルセンサ。気圧やコンパスはいいんだけど、気温については、腕時計として運用すると、体温に引っ張られるので難ありだ。リストバンドの上から付けてみたりもしたけど、あまり変わらなかった。

これらの不満から、2~3年ほど、腕時計の変更は懸案となっていた。ただ、電波時計機能とタフソーラーはとても重宝したので、この機能を手放す気にはとてもなれなかった。

もう一つ、条件として「アナログ」にしようというのがあった。針の時計で、太陽電池充電で、電波時計。腕時計としてはその条件だと5000円くらいからある。かと言って、ProTrekよりも安いの買ってもな~、という気分が働いて、で、エディフィス。

特にレッドブルとか、ウェバーとかヴェッテルとかは意識してない。ただ、F1観戦を趣味にしてる僕にはこの辺りがやっぱりお似合いだ、と思った。

実物を見て、安っぽくないし、重量感もあるので満足。長く使えるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.01

月刊からふるなゆうべ 2013年8月号

いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

こちらのブログでは、毎月、先月度の数値データと今月度のおおまかな流れを公表しております。

ディナ:「こんにちはー。ディナです。2ヶ月経ちました。なかなか見つからないね」

請負社員でも、あそこで受けておくべきだったかな・・・。

ディナ:「弱気はダメ。きっといいところがあるよ。」

ん、まぁ信じて頑張るよ。先月もいろいろとリストラの動きが広がってるし、彼らが本格的に動き出さないうちに決めたい。最初の宣言では来月から就職、なんてね。目標はまだ動かさないけど。

というわけで、集計行きます。


続きを読む "月刊からふるなゆうべ 2013年8月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »