« マリア・デ・ヴィロタ、死去 | トップページ | 突然ですが。 »

2013.10.12

マツダ・アクセラ(3代目)

発売は今月末だけど、MPVの12ヶ月点検に行って、カタログをせしめてきた。

デザインはCX-5→アテンザに連なる「鼓動」デザイン。セダンとハッチバックがあるが、セダンもロングノーズ、ショートデッキで、ハッチバックとのデザインの差は、思ったほど大きくない。

今回の話題は、エンジン。2.2Lディーゼルは載るんだけど、それを載せたXDの設定は何故かハッチバックのみ。ヨーロッパではハッチバックをメインに売るらしいけど、それはつまり日本未発売のゴルフGTDがターゲットということに他ならないだろう。「XD」というおとなしめのグレード名よりも、「Mazdaspeedアクセラ」と銘打ちたかったんじゃないかな~と思ったり。ディーゼルの力感を思うに、そしてSKYACTIV-MTなるマニュアルミッションが組み合わされていることも考え合わせると、そういうネーミングにしても十分に納得できる内容ではある。

セダンの方にも目玉はある。それがSKYACTIV-HYBRIDだ。もちろん、SKLYACTIV-G2.0の方はハイブリッド用にチューンしなおしてあって、エンジン部が73kw+モーター部60kwということになっている。ハイブリッドシステムの出力スペックとしては、出力もトルクも、その発生回転数まで3代目プリウスのものと全く同じ。ともすると、THSを移植しただけかと思われてしまいそうだが、その実、プリウスは1.8L(1797cc)のところ、アクセラは2.0L(1997cc)、ボア、ストロークも違い、圧縮比も異なる完全別設計のエンジンだ。THSの出力特性に合わせてエンジンを作りこんだというのが正解のようだ。JC08モードで30.8km/Lという数値なので、アクセラの車格を考えると、これは合格点と言えるだろう。

実車を見てみないと最終判断は下せないけど、期待は出来るんじゃないかな。

|

« マリア・デ・ヴィロタ、死去 | トップページ | 突然ですが。 »

ニューカー談義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツダ・アクセラ(3代目):

« マリア・デ・ヴィロタ、死去 | トップページ | 突然ですが。 »