« 佐藤公哉、日本GPでザウバーのリザーブドライバーに | トップページ | 再就職の進捗 »

2013.10.09

パナソニック、プラズマディスプレイから完全撤退?

「決定した事実はない」とはパナソニック側のコメントだけど。基本的にそういうことを言うのは、スクープ食らった時のお定まりなので、それこそ逆に「続行」も確定したわけではないし、むしろそこで「続行の明言」がなかった以上は、報道の通り、撤退の色のほうが濃いように思われる。(思うに、PDPって、どこの会社でもそんな話の繰り返しだった)

まぁ、今更、言えることでもないけど、パイオニアがPDP生産から撤退した時には、パナソニックが技術者、開発者を引き受けたという事実があって、当時の僕の先輩や同僚たちが百人単位でそちらへ移っていった。もちろん、その後もPDPに携われた人、他に配転になった人、すでにそちらもやめた人、いろいろいるのだ。

ただ、その時は、パイオニアもテレビ販売までやめてしまうという話ではなかった。その後結構早い時期にテレビ事業そのものを完全撤退と決定して、パナソニックからパネルの供給を受けるという話もフイになり、移動していった人はまさにはしごを外された形になったわけだけど。

そもそも、PDP事業、生産に辿り着くまでにもかなり難航したという事実もあって、今にして思えば、この事業に関係した時点で、結局は貧乏くじを引いちまったような気がしなくもない。そこでの経験は、その後の仕事の「やり方」には生かされてきたと信じるしかないか。

報道のとおりだったとしても、そうではなくて文字通り「細々」と続行だったとしても、PDPの技術者が報われることって、ないのかな。そこが一番残念だ。

|

« 佐藤公哉、日本GPでザウバーのリザーブドライバーに | トップページ | 再就職の進捗 »

あいてむず」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック、プラズマディスプレイから完全撤退?:

« 佐藤公哉、日本GPでザウバーのリザーブドライバーに | トップページ | 再就職の進捗 »