そふと話

2013.10.05

Win8.1は17日リリース

取り敢えず、Win8ユーザーは無料アップデート可能ということだし、使用のための条件はWin8から変更ないとのことなので、H520sを買うのを早まった、と悔やむことはなくて済みそうだというのは、朗報と言える。

Win8以外からだと、13800円、Proなら25800円。まぁWin8を買うのとそんなに変わらない。けど、うまくやれば、Win8を買ってアップデートのほうが安く上る可能性もある。手間は倍ってことだから、値段差と手間の兼ね合い、そして使い勝手がまた変わるという点を含みあわせて考えたらいい、だろう。

僕?8→8.1が有料というリスクもあったんだけど、ThinkPadもすでに8にアップしている。影響が少ないのはそちらの方だけど、どっちにしても、まだWin8の使い勝手に慣れたわけでもないので、一気に8.1にあげちゃっても問題は少ないかもしれない。すぐに上げることを考えるとThinkPad先行かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.16

Refill Stocker

きっとそのうち出るだろうと思っていた。正確には、2013年版、つまり去年から出てたみたいだけど。

システム手帳のリフィルをデジタル化し、下に記されたナンバーを元に日付ソートして保存するというもので、このリフィルをソートするという点がポイントなんだけどね。流石に手書き文字をOCRか何かして、完全デジタル化、とは行かないようだ。アプリとそれに対応したリフィルが必要だけど、数字がなければ日付は指定できるという。まぁ、めんどくさそうなので、対応リフィルを使うことがオススメだと思われる。

ともかく、これなら、過去のシステム手帳のデータをiPhoneで持ち歩けるということになるので、うまく使えば、ほぼ日手帳よりも役に立つ場面もありそう。楽天ポイントが溜まっていたので、お試しで、入手してみることに。ちゃんと運用するかどうかがポイントかもだけど、やってみるさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.16

Windows8.1は8利用者は無料?

Win8って、まだ出たばかりじゃなかったっけ?もうバージョンアップの噂が色々と出回っている。虚実ないまぜになってるようにも思うけど、どうなんだろうか。

Windowsと言えども、短期でバージョンアップされていくという方向は、多分ありだと思う。他のソフトウェアやMacOSXなどのバージョンアップスパンを見ても、またバージョンアップはなくてもセキュリティパッチの公開頻度から見ても、同じシステムで数年保たせるという思想は、多分現代では通用しにくくなってると思われる。

だからこそ、次のバージョンは8SP1、ではなく8.1ということになるのだろう。毎年のように新たなバージョンにアップデートされるということだろう。

しかし、そうなると、8.1は無償だけど、8.2以降は有料になりますというのでは、どうだろう?なんとなくビジネスとしてそれはないんじゃないかなーと思ったり。

使い勝手も8とは変わって、スタートボタンつきのデスクトップ(?)が復活するとか、インターフェイスが旧式のものに戻りそうとか、そういう噂もいくつか流れてきている。これについても、ほんとにそれでいいのかは疑問。Win8になってからPCが売れなくなってきているというのは事実だと思うけど、それに全ての要因を押し付けるのは、強引じゃないか?とか書いてる自分も、まだWin7からのアップデートは考えていないんだけど、それでもそう感じるのだ。

来年にはXPのサポート期間が終了する。しかし、次のオフィスでのOSは8ではなく7が主流になりそうだという情報もたくさんある。実際、ウチの職場も7となることがアナウンス済みだ。OSに限らず、デファクトを握ってしまうと、その後のイノベーションは停滞する方向になるのは致し方ないとも思うけど、今回の8のバージョンで旧態方向へ軌道修正するのは、時期尚早のような気がするけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.03

そら案内

iOSの天気予報アプリは数多い。以前は最強だった「ウェザーニュース」が会員制になってから、AccuWeather、Weathercubeと変遷してきた。それぞれに特徴はあるし、当日の3時間おきの天気予報くらいは見られる(AccuWeaterは1時間おき)ので、それほど困ることもないんだけど、なんとなく、「もっといいのがありそう」と思っていた。

そんなときにTABROIDで、このアプリ「そら案内」 を記事にしてた。読んだ直後に落としてた(^^ゞ。ちなみに無料。

地域設定はGPS情報からも取れるので、別に自分で選択しなくてもいい感じ。当日、翌日は3時間おきの天気を表示できる、ここまでは基本。同じ画面で週間予報から概況まで見ることができる。あとは注意報や花粉情報などがチェックできる。ここまでくるとウェザーニュースを離れるとなかなか得られるアプリがないので、それが出るだけでもこれは買い。

「生物季節情報」は、いろいろと、その地域でのその年の生物の初見とかの情報が載っている。これは面白い。あとは天気図、衛星画像など。ここは時間による移り変わりが欲しかったかも、だけど、それはまぁいいか。

ともかく、これで、ウェザーニュースが懐かしいとかそういうことを感じることは、おそらくないだろう。こういうのを探してたんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.25

Sleipnir(Win)、4.1に

今回一番大きいのは、フォルダによるブックマークの整理かな。これまでもフォルダ管理はあった。「整理」メニューをクリックすると、別ウィンドウが開いてブックマークのフォルダの整理がしやすくなったということ。

僕としてはラベル管理に慣れちゃったので、今更、かも知れない。フォルダ管理に戻してみたものの、ラベルとフォルダにはかなりの乖離が生じていて、今更使える状態ではない。ラベル管理にしておけば、FenrirFSでこれまでも整理できた。FenrirFSの使い勝手も最新バージョン同士だと悪くないし、ラベルが適宜色分けされるので、使い勝手に慣れてしまえばこちらのほうがいいと思うのだ。

スーパーサーチにホバーがついた。ポインタを画面右下に持ってくると、サーチマークがポップアップして、そいつをクリックするとスーパーサーチウィンドウを立ち上げることができる。でも、これまた僕自身は右ダブルクリックでこれを立ち上げているので、まぁあってもなくてもいいかも状態(^^ゞ。ちなみにCTRL+Bのキーボードショートカットも使えるが、こちらはあまり使わない。使わないときはスーパーサーチウィンドウの「設定」から、「ページ内右下にホバーボタンを表示する」のチェックボックスを外せばOKだ。

あとはWebkitの更新とバグフィックスか。僕にしてみれば、やや使わない感じの新機能だけど、使う人には利便性が上がった、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.06

MozillaとGoogleが新たなWebエンジンを開発することに

「エンジン」と言っているので、ブラウザそのものの名称が変わるわけではない・・・と思う。しかし、ということは、場合によっては、今後の表示検証がまた面倒になるかも。

現在、ブラウザに使用されている主なエンジンは、IEなどで使われるTrident、ChromeやSafariなどで使われているWebkit、Firefoxなどで使われるGeckoなど。Operaも独自のエンジンを搭載しているが、こちらは近々Webkitに変わる予定だったはずなので、結局3つのエンジンで検証すれば、なんとかなりそうだったんだけどね。

MozillaはServoという名前のエンジンに変更。Geckoを使ってるのは、僕が知るかぎりでは、あとはLunascapeだと思ったが、そちらもそれに倣えば、複雑化は回避されるかも。ちなみにSumsungとの協業での開発だという。Samsungから新たなブラウザが出るってこと?これは続報を待たないといけないか?

一方のGoogleは、これまで使ってきたWebkitについて、他のブラウザと異なるマルチプロセスアーキテクチャがChromiumとのプロジェクトを圧迫するようになったらしいので、Webkitベースではあるが、新たなエンジンBlinkを導入、という。Webkitベースなので、Web開発者にとっても、直ちに影響がない、としている。

複数のエンジンが存在することは、複数のブラウザが存在することと同様にイノベーションを促進し、健全なオープンウェブエコシステムを築けるものとコメントしてるというけど、HPを作る人にとっては、表示確認が煩雑化し、手間がかかるものとなろう。今でさえ、サイトによっては推奨ブラウザが指定されているところもあり、今後もそういうケースが増えていく傾向となるため、エンドユーザが割を食う。どれかひとつのブラウザですべてを賄うのは、難しくなっていくのかもしれない。

日用品などでは、メーカーが違っても、物の基本的な使用方法が変わることはそう多くないけど、コンピュータの世界では、同じような機能を提供するものでも、ブランドが違うと使い方が一変することがよくある。コンピュータを汎用品として扱いたいと思うのであれば、そういうことを人が求めているのかどうか、そろそろ考える必要が有るんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.27

Sleipnir 4.0.0(Win版)

Mac版に遅れることほぼ2ヶ月、Win版も「4」にアップデートされた。「3」のFinal Buildのときに、見た目とか機能とか、前もって盛り込まれている部分が多いので、そちらを使っていれば、そんなに「変わった!」と驚くことは多くないようだ。

実際使い勝手も3.9.9から考えてあまり変わってないように思える。3→4への移行と言う意味なら、3.8.4あたりで止めてしまっていなければ、スムーズに行くんじゃないかしら。

Win-XP環境でも、Fenrir FSが立ち上がっている状態で、アップデートできた・・・けど、その直後FSのほうがフリーズしたので(^^ゞ、特筆すべきじゃなかったかも(おい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.26

ロードバイク PRO サイクルコンピュータ(ダウンロード編)

元の価格は450円。2013年3月26日の時点で、この「PRO」が無料。元から無料の「PRO」なしバージョンもあるので、間違わないように。ちなみに、無料版では広告が表示されるのと、走行データの音声読み上げがない、画面のカスタマイズができない、という違いがあるという。実際の確認はしていない。バージョンによって変更もあるのだろうし。

自転車通をするにあたって、自転車にサイクルコンピュータを装着するかどうかについては、装着しないよりはした方がいい事はわかってた。ただ、専用機をそれなりの値段で買うのはコストパフォーマンス的にどうなんだろうかと。大体、自転車が3万円してないんだし、それに3000円つぎ込んでメーター機能だけつけたとしても、自転車本体からしたら過ぎた買い物だ。iPhoneアプリがあることもわかってたし、そっちを使ってみてからでも遅くはない。通勤だけおに使うわけでもなく、どれくらい(道のり)乗ったかっていうのは、知っておきたいところもある。そんなわけで、自転車通を再開して、軌道に乗ってきたら、検索してみようと思ってたところにこの情報。渡りに船だもん、乗るしかないじゃないか(^^ゞ。

別に、自転車にiPhoneを固定しなくてもOKのようで、アプリを立ち上げて、スタートしたら、いつもの様にホルダに突っ込んでおけば記録は勝手にとってくれるようだ。開始、ストップくらいは自分でやるのだけど、それは何だって一緒だろ。地図も出るし、電波が届かないところに行く時のためのダウンロード地図もある。最初はFacebookかメアドで登録が必要だ。Facebookは、登録以降ほとんど活用されてなかったので、こんなところで活用できるのであれば、それはそれでいいことかもしれない。

結構機能があるみたいなので、あとは実際使ってみてからのレポートをもう一度考えている。その頃には、無料キャンペーンも終わってしまうのかもしれない。が、このアプリ、調べてみると結構無料になったり、85円になったり、ちょくちょくキャンペーンやってるみたい。そういうタイミングを見計らってダウンロードするってのもありかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.26

Sleipnir3 for Windows Final Build

バージョンで言えば3.9.1がリリースされた。これはまた、Sleipnir 4 Pre-release versionとも銘打たれていて、ルックが4のDesign Buildとほぼ一緒になっている。

で、このバージョンは、3.9.1でありながら、Design Buildからもアップデートされる。これで、4のいわゆるプレビューと3の最終バージョンを統一して、4の正式版への繋ぎとするのだろう。

が。Design Buildを立ち下げて、改めてVer3を立ち上げると、3がそのまま立ち上がり、改めてアップデートを促される。まぁ、中身は同一なようなので、3の方をアップデートしたら、Design Buildは廃棄しちゃっていいのではないかと。実際、そっちを廃棄しちゃっても、普通に3のショートカットから、3.9.1が普通に立ち上がるしね。

動作はこれまでのバージョンよりも安定してるし、立ち上がりも早くなってるので、プニル3使いなら、試すのがいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.16

SugarsyncがVer.2に

クラウドストレージサービスも、いろいろ試してみてはいるのだが、なかなか自分の要求を満たせるものって少ない。特に職場で、アクセス制限を設定している場合、それを掻い潜ってアクセスできるものを探すことになる。

うまく稼働したのはGoogle driveとこのSugarsyncだったんだけど、先につながったSugarsyncを使用している。使い勝手もまぁまぁ満足しているのだけど、クライアントソフトがVer.2になった。

インターフェースが大きく変更したのでこれまでのSugarsyncに慣れてると戸惑うかも、だけど、同期フォルダの設定とか、しやすくなった。クライアントへのドラッグ&ドロップもできるようになったし、ファイルの検索機能もついた。

Sugarsync内のゴミ箱フォルダがなくなった。つまりこれは、同期中のPCのどこかから削除すればそのまま反映されるということか?それはそれでリスクも伴いそうな気もするが・・・。気になるのはそのくらいで、あとは使いやすくなったような気がする。

今のところ、5GBでサイズが小さいとかいう不満はないので、まだしばらくはこれを使い続けるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧