グローランサー4OR

2011.11.26

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(最終回)

やっと最終回。なんだか盛り上がらなかったけど、盛り上がらなかった理由も解説することになりそうだ。

~前回までのあらすじ~
バルトリック山で修復されてしまった魔導砲をもう一度破壊しなおす。その周りのMAPにいるザコはレベルが高く結構硬いが、武器が通じない敵は魔法を使ってみるとあっさり倒せるかも。トリシアの使い所を用意してあると思うしかないか。



続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(最終回)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.22

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(29)

出勤しようとしたフロントガラスに、初霜?を観測。例年よりはだいぶ遅いような。まだハンディウォーマーも使用開始してないし、今のところは、暖冬と言っていいのだろう。

そんな中(・・・とは無関係だが(^^ゞ)、ペドロ・デ・ラ・ロサがHRTと2年間の契約で、来期からレースに復帰する。どうもなぁ。ミハエル・シューマッハの復帰の時とは様相が違うし、デ・ラ・ロサの実績から考えても、違和感が大きい今回の復帰劇。マクラーレンとHRTの関係、デ・ラ・ロサとHRTの国籍と言う関係だけでは言い表せないような裏を感じるのだけど・・・。

〜前回までのあらすじ〜
デュルクハイムルートは、ついて来なかった仲間を殲滅する(ルートだった。昔の仲間を殲滅するのは精神的にキツイんですが・・・。このルートだと、何の脈絡もなく、たまたま見かけた新しい遺跡で、何の下敷きもなく、ブリュンティールのレポートが手に入る。今ひとつ納得しかねる展開だけど・・・。

続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(29)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.18

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(28)

つい昨日まで、アブダビで、ルーキーを対象としたF1テストが行われていた。ウィリアムズやメルセデスは、来期のレギュレーションに対応したエグゾーストを試したり、ピレリも来年に向けたコンパウンドを投入するなど、いくつか新機軸が試されている。

でも、そんなことより、タイムシートを見て、トップがジャン・エリック・ヴェルヌ、2番手にジュール・ビアンキがいるのが、なんだか面白かった。二人合わせればとってもSF(笑)名前のスペルが違う可能性は高いけど(^^ゞ。

~前回までのあらすじ~
やや退屈だった落穂拾いだったけど、いよいよ、一度は行ってみたいデュルクハイムルートへ。ところで、このグローランサー4オーバーリローデッドの攻略Wikiはいくつか存在するが、どこを見ても、このデュルクハイムルートの攻略については、情報が明らかに少なすぎる。僕も一回クリアしたら「もういいや」になってしまったので、人のことは言えないが。


続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(28)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.15

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(27)

なんだかなー。

昨日、健康診断があったんだけど、甘いもの断ちを半年くらいしていたはずなんだけど、100グラムも体重が落ちて・・・「落ちてねー」じゃん!(怒)

やめやめ。馬鹿くさいっつーの。

~前回までのあらすじ~

二周目落穂拾い中。落穂はそんなに多くないかもだけど、パーティのステータス自体は、究極魔石セットだけでも、一周目よりもかなりの強化になっていることは確認した。


続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(27)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.08

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(26)

シーズンも終了近くなって、F1も来期の噂が飛び交うようになってきた。例えばローラが再び13番目のチームとしてF1に陳情をしたとか、ウィリアムズが真剣に、キミ・ライコネンにオファーをかけたとか、ロズベルグがマラネロ(フェラーリの本拠)を尋ねたとかいう噂もあって、これは本人が否定したようだし、マッサについても、モンテゼモーロもドメニカリも更迭を否定した。だが、決まったとされる契約でも、一夜にして覆るのがF1だ。期の途中でも変更があることは、ハイドフェルドの例を出すまでもなく。今後、この手の話は、来期のエントリーリストがオーソライズされるまでは、浮いては消えることだろう。

信憑性の高い所では、クビサがここに来てもう一度手術をうけるのが避けられない状況になってきたので、来期のF1復帰はなさそうだ、というのがある。それに伴い、来期のルノー改めロータスのドライバーラインアップが予定と変わるのだけど、そっちの方は、ペトロフはともかく、セナの方はシートを守るのが怪しいみたいで、グロージャンの復帰が取りざたされている。来期にかけては、トップチームは早々とラインアップを確定したとされていたので、そんなに大きな変化はないだろうと思っていたが、さて、どうなることやら。

それから、バトンのマクラーレンとの新たな契約は、今後3年ということらしい。そうなるとバトンもいい年になるので、そこからフェラーリ入りは、あるのかなぁ・・・?

~前回までのあらすじ~
一周目でやるべきことをやり尽くしたら、いざ、落ち穂拾いの二周目へ。


続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(26)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.05

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(25)

iOS5で、無線LANによる同期って、最初は充電中だけかと思ったけど、実はデバイスがロックされてなければ、いつでも同期できるのな。これは便利。

~前回までのあらすじ~
一周目は終了。取り敢えずラストバトルに連れて行く人攻略ってことでイライザを選択。エンディングは、大団円。オリジナルと比べて、については、少し考えることにする。


続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(25)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.02

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(24)

息子1が、動物を題材にした写真コンテストで最優秀賞を取ったと連絡が来た。1年目からそういう賞を取るとは、びっくりだね。

さぁ、僕も負けてられ・・・いや、既に受賞歴で負けてるし(爆)。

~前回までのあらすじ~
曲射召喚砲の発射を止めたクレヴァニールたちだったが、召喚砲への魔力注入は止まらなかった。ヴェスターとの雌雄を決しに、山頂へ向かうのだった。


続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(24)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.30

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(23)

プリキュア見てて、キュアミューズの技が、分身して結界だったり球体の中にネガトーン封じこんで中で爆発だったり、どこのウィングマンだよ、とか思ってしまった(^^;)。

まぁどうでもいいんだけど。

~前回までのあらすじ~
クレヴァニールたちは、ルーミスに苦戦しながらも勝利、そのあと、ルードヴィッヒも撃破した。



続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(23)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.26

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(22)

いよいよ、旧富士川小の取りこわしが始まった。市の説明では、「言葉の教室」と呼ばれる別棟は、取り壊しから次の建物が立つまでは、申請すれば使えるという話だった。昨夜、会議で使うつもりだったのだけど、なんと電気が通じていなかった。使えないじゃん。話が違うじゃん。困ったもんである。

~前回までのあらすじ~
マーキュレイの提案に、敗れたヴァルカニアはもとより、デュルクハイムに敗れて国力が落ちているイグレジアスも同意したが、デュルクハイムは事実上拒否してきた。しかし、デュルクハイムと戦う前に、クレヴァニールの力を安定させないと。

続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(22)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.21

グローランサー4オーバーリローデッドの旅(21)

リビアのカダフィ大佐が殺害され、リビアには解放宣言が出されるという。

思うのだけど、こういう「革命」状態の人間(群集)って、昔も今もあまり変わらない。それまでの独裁者は、地に落とされる。現代の世にあっても、彼は裁判にかけられることもなく、民衆も、真実を見極められぬままに殺されてしまう。どっちが正しいとか悪いとか、そういう話じゃない。そこには、正義がないような、そんな気がするのだ。

そこにどんな悪政があったとしても、その悪政の背景を全部あぶりだせて、初めてそれを乗り越えられるような気がするのだけどね・・・。

~前回までのあらすじ~
ヴァルカニア、デュルクハイムとの二正面戦は続いているが、そろそろ終盤に差し掛かる。アイーダ国境橋を攻め落とせば、あとはヴァルカニアに向かうだけだ。


続きを読む "グローランサー4オーバーリローデッドの旅(21)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧